バツイチですがなにか

前向きに生きたいバツイチ男ブログ

バツイチは父の日が辛い

f:id:shintenchi:20170618102645j:image

今日は父の日

バツイチである私には
元妻の元へ息子がいる

父の日になるとテレビで特集が流れてきて
私も息子のことを思い出してしまう

もちろん養育費振込の度に思い出すのだが
特にこの時期は辛い

会えない辛さより
彼に普通の幸せを与えてあげられなかったことの方が辛い

本当にごめんよ

離れていても君のことは想っているし
幸せを祈っているよ

やり直したい気持ち、やり直せない現実、
自分なんか幸せになってはいけないと思う気持ち、自分の人生を投げやりにしてはいけない気持ち

私は色んな感情でできている

この玉虫色の感情と付き合って
いかないといけないんだな

 

「あの時よりマシだ」の悪い慣れ

f:id:shintenchi:20170615203530j:image

彼女にフラれてそれはホントもう

心に大っきな五寸釘ずぅーーーんん!!!

ってやられたような。

 

または

ブラックホールに吸い込まれて永遠の闇を約束されたような

 

ほんと悲しさマックスだったんだけど

 

ひとつ気付いたことがあった。

 

どっか心の中で

あの時よりはマシだ。

あれを乗り越えられたんだから私は大丈夫だ。

 

と心の片隅に思い出す

離婚当時の苦痛が、現在の苦痛を緩和しようと?してくる。

 

たしかに離婚はすんごい苦痛と体力を消耗した。

短期間で体重も7キロ程落ちたし

 

でもそんな過去の傷が今の傷を癒そうとする

この現象にはすんなりと受け入れられない自分がいる。

 

こーやって色んな苦悩に慣れてしまうんだろうか?

それはそれで恐怖だ。

 

 

未来を語れなくなったら終わり

f:id:shintenchi:20170612232454j:image

彼氏彼女の関係が終わっても

同棲中なので生活は続く。

 

急に別居もできるわけではなく

悶々とした日々を過ごすのかと

覚悟していたのだけども

彼女は普段通りの態度と生活を送っている。

 

そう、男女の生活以外は普通なのだ。

夕飯も作ってくれるし、たわいない会話もする。

 

だけど

 

未来の話ができないんだよね

次どこ行こう!とか

あそこ寄りたいねとか

 

だって次って何?ってなるもん

続くのかわからないんだもん

 

どうしても何処何処行って楽しかったね〜とかの話になってしまう。

 

ああ

未来を語れなくなったらつらいな

 

何も変わらないようで

ゆっくりとフェードアウトしていく日々を見て見ぬふりで過ごす。

 

出て行かれるとつらいな

でもこのままもつらいな

 

うーむ…

 

気持ちは変わるだろうな

f:id:shintenchi:20170611165623j:plain

彼女にフラれた理由は

私に離婚歴が有りこどもがいることだった。

 

交際当初彼女は

「私もバツイチだし、バツイチだと子供が居ても不思議じゃないよね

だから平気だよ。だけど面会するときはこっそりしてね」

と言われていた

 

子供とは三ヶ月に一度位の頻度で面会をさせてもらっている

まだ小さいので面会時はもちろん元妻も同行する。

 

ギスギスした空気はないが、サバサバとした空気が漂う

面会後、ふ~っとため息が出てしまう空気感で

楽しい!と素直に言える時間ではない

それでも子供の顔がみれる貴重な時間だ。

 

そんな面会でも、彼女にとっては面白くはないし

考えたくないイベントだったはずだ

 

何度か面会後に彼女が「今日どこいってたの?」と

私を試す質問をしてきたことがあった

 

女性の勘というやつだ。

 

結局面会があったと伝えると

「ユキオくんいつも予定を伝えてくれるのに、

面会の時だけゴニョゴニョするからすぐわかるよw」

 

本当に下手くそすぎて申し訳ないと思う

 

彼女は葛藤があったんだと思う

当初は大丈夫でも実際月日が経つと

気持ちは変わるだろうな

 

悪いことではない、それが現実だよ

 

その不安もかき消す程の魅力が私には無かったんだろう

あなたのことはそれほど

 

仲良かった頃に戻りたいな

無理だけど

 

バツイチですが彼女にフラれました

f:id:shintenchi:20170611165403j:plain

先月約一年半付き合って同棲も半年

(そのうちの2ヶ月は私の海外出張で空き)した彼女にフラれた。

 

帰国後、久々に逢える彼女にウキウキで自宅に戻っても

キスもセックスも避けられ、そんな生活が1ヶ月続いたある日

勇気を出して何があったのか聞いてみると

泣きながら

 

「あなたのことは大好きだけど、結婚はできない。

だから交際は終わりにしよう」と言われた。

 

理由は色々あると思うが、他に好きな人ができたわけではなく最大のネックは

 

僕が『バツイチ子持ち(親権なし)』

なのだという。

 

彼女も実はバツイチ(小梨)で

最初の食事でそのことをさらっと伝えてくる彼女に軽く驚きつつ

ここで言わねばと私もバツイチ子持ちを伝えました。

 

そしてデートを重ね仲を深め、私が彼女に告白して

彼氏彼女になり一年交際を経て同棲スタート。

その次の月に海外出張になり帰国後のことである。

 

「ユキオくんのこと大好きだけど、

子供がいると面会もあるし昔の家庭が気になっちゃうの。

そんな自分が嫌で嫌でしょうがない。

でもこの気持ちは変わらないと思う。私頑固だから」

 

頭真っ白だ。

 

彼女を知らず知らずに傷付けてたんだなと申し訳ない気持ちと同時に

離婚から立ち直って前向きに生きる理由を作ってくれた彼女を失う喪失感で

 

そして約2週間後

食べて出すだけの人形のように

廃人生活を送り、やや立ち直ったので

自分の全てを吐き出せる所を作ろうと

ブログを書くことにした。

 

クローズドな日記も考えたけど

オープンなブログで書きたい。

 

誰かと何かとつながっていたいんだな

自分は。特に今は。

 

落ち込んではいるが病んではいない。

 

正直離婚した時の方が消耗したし病んだ。

あの時を思い出すと現在のツラさが軽減できる。

良いような悪いような?

 

このブログに元カノとの交際時の気付きと

新たな彼女を作るための恋活(婚活でも可)を書いていく予定です。